翔栄

企業理念

経営理念

物づくりを通じて社会へ貢献

社是・社訓

2年先のスタンダードを、いま。
技術開発部門

■高度なテクノロジーを生み出す横断的なネットワーク

株式会社翔栄では各部門の横断的ネットワークによる一貫体制での製品づくりを特長としています。プロジェクト毎に、営業、技術開発、品質管理、製造の各部門からなるチームが編成されます。情報の共有をベースに案件別のオーダーにより到達目標を設定。素材の基礎研究から技術開発、製造、精度確認を経て試作品を製作。納入先での検証・フィードバックと並行して行われる生産計画により生産体制を確立。この段階別に設定された翔栄独自のネットワークシステムが高精度・効率性に優れた製品供給を可能にしています。



営業部門

■コミュニケーションが私たちの資産です

車載用をはじめタッチパネルの国際シェアは急激なカーブを描いて増大することが予測されています。この激化する国際競争の中で他社に先駆けた技術革新が求められています。私たちはこの課題に、意識・情報コミュニケーションという資産で応えます。お客様からの要望や先端情報を営業・開発・製造・管理がシームレスに共有、一体となることでスムーズな製品供給を実現します。



製造部門

■世界を未来へと導く、信頼の製品バリエーション

翔栄では多種多様な用途に応じた方式のタッチパネルを開発・生産しています。国内・海外で多くの自動車メーカーに車載用純正品として採用されている抵抗膜式タッチパネル、カーナビ用としての需要が高まる静電容量式タッチパネル(ガラス)、各種大型ディスプレイ用途や3D・異形タッチパネルの静電容量式タッチパネル(フィルム)、デジタルサイネージ用途の光学式タッチパネル。専業メーカーならではの一貫体制から送り出される製品は、優れた操作性に加え、高精度・高耐久を実現した信頼性で国際的にも評価を集めています。



情報守秘基準

■常にグローバルスタンダードを胸に

情報や技術の進展は世界基準でのモノづくりと情報セキュリティの重要性を訴求しています。翔栄は、独自の社内基準により国際レベルを越える高品位の製品供給体制を確立しています。
また、情報資産に関する技術的・物理的な守秘対策、専門業者による保守契約、情報守秘教育の周知徹底、情報管理規定のルール化、守秘義務契約等の人的対策からなる総合的な取り組みで情報資産の安全に力を注いでいます。

適切な組み合わせで万全なセキュリティを。



pagetop