企業行動憲章

CHARTER OF CORPORATE CODE翔栄グループ 企業行動憲章

翔栄グループは、社会の一員として、お客様、お取引先、社員、株主、地域社会等のすべてのステークホルダーの方々との相互理解と信頼関係を築きながら、「物づくりを通じ社会へ貢献」したいと考えています。
そのためにつぎの8原則に基づき、国の内外において、人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を遵守しつつ、持続可能な社会の創造に向けて、高い倫理観をもって社会的責任を果たします。

1.顧客満足と信頼の獲得

「カスタマーファースト」の実践を通じ、顧客満足と信頼を得られる、社会的に有用で安全性に配慮した高品質な製品・サービスを提供します。

2.公正かつ適正な事業活動

公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。国や地域を問わず、関係法令、社内規程等を遵守するとともに、高い倫理観・道徳観に基づいて行動します。

3.透明性の高い企業活動

すべてのステークホルダーに対し、適時・適切に企業情報を開示します。個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。

4.環境への積極的な取り組み

環境保全は全世界の最重要課題の一つであり、企業活動のあらゆる面で環境の健全性に配慮して行動します。

5.地域・社会との調和

事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の文化や慣習、ステークホルダーの関心に配慮した経営を行い、その経済社会の発展に貢献します。

6.社会貢献活動

「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行います。

7.人権の尊重

「世界人権宣言」をはじめとする人権に関する国際社会の基本ルールを守り、不当な差別、児童労働、強制労働を排除するなど、常に人権を尊重します。

8.社員の尊重

社員一人ひとりの多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、明るく風通しの良い職場作りを推進します。